06月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新

2016年 02月28日 20:14 (日)

TwitterやらFacebookやらを始めてからというのもブログの更新が滞っていました。

それぞれを更新する作業も面倒なので、情報発信は基本的に公開制のFacebookページで行います。

東佑介のFacebookページ

ただ、宗史小論のような専門的なものはこのブログで扱う予定です。

これからも我が道を歩んでいく所存です。
スポンサーサイト

【告知】「シリーズ日蓮」刊行会主催第3回公開講演会

2014年 11月26日 23:59 (水)

来る11月26日(土)、「シリーズ日蓮」刊行会主催第3回公開講演会が開催されます。

今回は会場を関東から関西に移し、兵庫県尼崎市の興隆学林で開催されます。今回の講師は池田令道氏、布施義高氏三浦和浩氏、澁澤光紀氏、司会が花野充道氏です。聴講のみであれば事前の参加手続きなどは不要ですので時間がある方は奮って参加下さい。

なお、講演会終了後に懇親会がありますが、懇親会(会費5000円)への参加を希望の方は事前に澁澤氏に連絡しておいて下さい。
『シリーズ日蓮』第3回公開講演会

京都散策

2014年 09月21日 23:20 (日)

9/14 日本宗教学会第73回学術大会を聴講した後、京都を散策した。

続きを読む

【告知】『福神研究会「摩訶止観」講義』が開催

2014年 09月18日 20:20 (木)

福神研究所(上杉清文[重須談所所長])が主催する連続講座『福神研究会「摩訶止観」講義』が始まります。

創価大学の菅野博史氏を講師に迎え、今後5年間にわたって『摩訶止観』を読み解いていく連続講座です。

参加希望者は、①名前・②住所・③連絡先 を記入して福神研究所に申し込んで下さい。

日時:9月22日(月)
    15:00~
会場:新宿常圓寺
   
講師:菅野博史
   http://letters.soka.ac.jp/introduce-professor/p-kanno/
   
問い合わせ:本国寺内福神研究所
       電話 0545-52-0059 
       FAX 0545-52-0094

日本宗教学会第73回学術大会に行く。

2014年 09月16日 21:34 (火)

9/14 日本宗教学会第73回学術大会に行く。

続きを読む

『法華仏教研究』第19号が発刊

2014年 09月08日 21:01 (月)

『法華仏教研究』第19号8/30 『法華仏教研究』第19号が送付されてきた。前号の発刊は5月中旬のことだったから3箇月での発刊となる。前号が例年より遅れての発刊であっただけにもう少し遅い時期の刊行かと思っていたがそうではなかった。

今回も300頁を超す分量で論文、温故知新、本の紹介、会員の広場、編集後記で構成されている。今号の編集後記は前号に引き続いて澁澤光紀氏が担当されている。



続きを読む

Polyantha in KOBE 2014

2014年 06月17日 22:11 (火)

6/2 今や恒例となった神戸散策に今年もまた出掛けてきた。

続きを読む

『法華仏教研究』第18号が発刊

2014年 06月01日 23:00 (日)

『法華仏教研究』第18号
5/18 『法華仏教研究』第18号が送付されてきた。前号の発刊は昨年12月中旬のことだったから5箇月での発刊となる。これまでは4月、8月12月と刊行されて来ていたが今回は5月と例年より遅れた。ひとえに私の原稿遅延によるものだろう。

今回も300頁を超す分量で、論文、本の紹介、会員の広場、編集後記で構成されている。今号の編集後記は大賀義明氏・澁澤光紀師が担当されている。

続きを読む

宮田幸一氏のホームページに新論文が掲載される

2014年 04月15日 19:18 (火)

宮田幸一氏のホームページに新論文が掲載された。

続きを読む

『法華仏教研究』第17号が発刊

2013年 12月31日 20:47 (火)

『法華仏教研究』17号
12/19 『法華仏教研究』第17号が送付されてきた。前号の発刊は9月中旬のことだったから3箇月での発刊となる。前回がいつもなら8月のところが9月となったので発刊ペースを少し早く感じた。

今回も300頁を超す分量で、論文、本の紹介、パネルディスカッション、会員の広場、編集後記で構成されている。今号の編集後記は村上東俊師が担当されている。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。